片づけると決めた時、まずは便利な収納グッズを探そうとしたことはありませんか?

確かに、世の中には便利な収納グッズがあふれています。

大きさを調整できる仕切りや、クローゼットのポールにかけられる布製のラック、すき間収納用の細い棚。
便利そうな収納グッズにはついつい目が行ってしまいますよね。

驚かれるかもしれませんが、実は収納グッズはすでに家にある「ハコ」で十分なのです。

この記事では、新しく収納グッズを買わなくても綺麗に収納できるコツをご紹介します。

収納グッズを買わなくていい理由はシンプル

「まずは捨てる」を終わらせていない段階では、仕切りや収納用品を新たに買い足す必要はありません。

なぜなら、片づけが進み今まで使っていた収納グッズに入っていたモノが減っていくにつれて、収納スペースもグッズも余っていくからです。

こんまりこと近藤麻理恵も、かつては収納グッズマニアだったころ、定番モノはもちろん、マニアックなアイディア商品まで、目に入ったものは全て試すほどだったそうです。
しかし、結局現在ではそのほとんどが残っていません。

そして、今手元に残っている主な収納グッズといえば、すでに家にあるような「ハコ」をフル活用して収納を作っているそうです。

収納に向いているハコの特徴

それでは、具体的にどんな箱が収納に向いているのでしょうか。

まず、収納として大切にしている評価項目は「大きさ」「素材」「丈夫さ」「手軽さ」「ときめき度」です。

評価項目のバランスがよく、圧倒的に使用頻度が高いのが靴の空き箱。

タダで手に入るもので、ここまで収集な収納グッズは他にないのではないでしょうか。

具体的には、ストッキングや靴下を入れて引き出しの中の仕切りとして利用したり、洗面所ではシャンプー類や洗剤のストックをまとめておくのにおススメです。

また、靴の空き箱のフタは、深さが浅いので、トレーのように使うことができます。
油や料理酒などの調味料をの下に敷けば、床が汚れるのを防げてとっても便利ですね。

収納はハコさえあればうまくいく

靴の箱以外でも、収納に活用できる箱はたくさんあります。

例えば、名刺が入っていたプラスチックケースや、スマートフォンの空き箱などは、引き出しの仕切りに使うのがおススメです。

余ったタッパーにキッチン小物を収納するのも定番中の定番。

四角い箱状のものであればなんでも収納に使えるので、片づけている最中に収納に使えそうな箱をみつけたら一か所に集めておきましょう。

逆に、丸形やハート形の変形の箱は、収納としてはスペースに無駄がでやすいのですが、箱自体にときめいたのであれば話は別です。

ときめく収納として利用して、自由に収納を楽しみましょう。

片づけでモノを手放せていれば、いま家にあるモノを上手に活用するだけで不思議と収納は完成します。

片づけの途中で、複雑な収納グッズを買い足したくなったときは、「収納は、ハコさえあればうまくいく」この合言葉を思い出してください。

片づけをまだ終えられていない方は、ぜひ5つのカテゴリー順で片づけを始めてみましょう!

正しい順番でモノを捨てると上手くいく!5つのカテゴリー順で片づける方法