「一気に、短期に、完璧に」片づけを終わらせましょう!
そんな風に聞くと、身構えてしまう人も多いのではないでしょうか。
あなただけではなく、これまで多くの自称「片づけられない」人たちもそうでした。

「これまで片づけても片づかなかったお家が、本当に片づくのだろうか」
「一気に短期に完璧になんて、私には無理なんじゃないか」
「リバウンドゼロと言うけど、私だけリバウンドしたらどうしよう」

そんな不安が頭によぎっても、大丈夫です。
片づけでやるべき作業はたった2つだけ。

「モノを捨てる」ことと、「モノの定位置を決める」ことです。

今回は、「モノが捨てられなくて困っている人」のために、「5つのカテゴリー」を「正しい順番」で片づける方法をご紹介します。

この順番を守ると、どんどん片づけが進んで、きっと片づけが楽しくなってくるはずです♪

それでは、「5つのカテゴリー」を「正しい順番」で片づける方法を見ていきましょう!

「片づけ祭り」を成功させる「5つのカテゴリー」と「正しい順番」

「一気に、短期に、完璧に」片づけを終わらせるためには、「5つのカテゴリー」別に「正しい順番」でモノを捨てましょう。

はじめに衣類、次に本類、書類、小物類、そして最後に思い出の品をカテゴリー別に片づける。この5つのカテゴリーと順番を、必ず守ってほしいのです。

なぜなら、この順番で片づけると、カテゴリーがはっきりしているものから整理するのでラクですし、何を残すか捨てるかを判断しやすいからです。

例えば、思い出の品は、カテゴリーがはっきりせず、捨てるのが難しいモノがたくさんありませんか?
ですので、簡単なカテゴリーを最初に、難しいカテゴリーは最後に片づけましょう。
この順番でさくさくと片づけが進めば、見た目もスッキリとしてきますし、だんだん片づけが楽しくなってくるはずです。

実際に、近藤麻理恵が世界中でこのカテゴリー順で片づけレッスンを行った結果、多くの方々が片づけを終えることができました。
この5つのカテゴリーの順番は、長年の研究の末に生まれた、とてもシンプルで効果的な片づけ法なのです。

ぜひ、片づけをする際には「5つのカテゴリー別」に「正しい順番」で始めてみましょう!

片づけがさくさく進めば、片づけは楽しくなる

「片づけ」と聞くと身構えてしまう人たちが少なくありません。ですが、このカテゴリー順で片づけると不思議と楽しくなってきます。
それは、さくさくと片づけが進んではっきりと変化が見えるからだけではありません。

そもそも、本来片づけは楽しいものなのです。

今まで自分が無意識に集め続けてきた1つ1つのモノと向き合う作業は、自分の内面と向き合って感情の棚卸をする作業でもあります。

それぞれのモノに触れて、「ときめくかどうか」を確かめながら、役割が終わったモノには感謝をしてきちんと送り出してあげる。

「どんな持ち物と一緒なら自分の人生はときめくのか」を基準に残すモノを選んでいくうちに、だんだんと自分が本当にときめくモノだけに囲まれて、心はみるみる元気になっていきます。

大事なのは、どれを捨てるかではなく、どれを残すかです。

お店の陳列棚から大好きなモノを選ぶような感覚で、衣類、本類、書類、小物類、思い出の品のカテゴリー順で片づけていきましょう。

同じカテゴリーのモノを、全て一か所に集める

片づけを終わらせるための「5つのカテゴリー」と「正しい順番」がわかれば、いよいよここからは「片づけ祭り」を具体的に実践していきましょう!

まずは、最初のカテゴリーの洋服からスタートしていきます。

1つ1つの洋服を手に取って、「ときめくかどうか」を自分に問いかけて、何を残すかを決めていきましょう。

でも、それぞれのカテゴリーを片づけるとき、必ず最初にやっていただきたいことがあります。

それは、家中の衣類を「1枚残らず一か所に集めること」です。

なぜなら、一か所に積み上げられた洋服を見ることで、初めて自分が持っているものの正確な量を把握することができるからです。

例えば、衣替えのシーズンになると「昨年は何を着ていたっけ?」という経験はありませんか?

実は、以前の私もそんなことが日常茶飯事でした。

お店で一目見て気に入ったワンピース。

いざ家に帰ってクローゼットにしまおうとしたときに、似たようなワンピースがクローゼットのハンガーに掛かっていたこともあります。「そうだ。昨年も似たようなワンピースを着ていたなあ」とようやく思い出したものです。

「1枚持っていれば着回しができそう!」と思って買った白いブラウスが何枚もあるけれど、結局いつも同じブラウスを着ていたこともありました。

そう、自分の持ちモノの全体量を把握していないから、モノが増えていくのです。

一か所に積み上がった洋服を1つ1つ手に取って自分が本当にときめきくモノだけ残していくと、「自分の持ちモノの適正量」と向き合います。

そして、「自分の持ちモノの適正量」を意識して、ときめかないモノを増やさなければ、リバウンドも起こりにくくなります。

つまり、リバウンドを起こさないためには、5つのカテゴリーごとに全てのモノを一か所に集めて、今の持ちモノの全体量と向き合うことが重要なのです。

この記事では、誰でもリバウンドしない片づけを成功させるために、「5つのカテゴリー」を「正しい順番」で片づける方法をご紹介しました。

ぜひ、絶対にリバウンドしない「片づけ祭り」を一緒に成功させましょう!

次章の「片づけるノウハウ」では、5つのカテゴリーの片づけ方をさらに詳しく紹介していきます。

お楽しみに♪

3、片づけるノウハウ

参考書籍:こんまり『人生がときめく片づけの魔法』


人生がときめく片づけの魔法 改訂版/近藤麻理恵(こんまり)