「自宅の収納スペースが狭いんです…」

片づかない部屋を見ると、もっとスッキリ収納したい!と思いますね。

すき間を埋めるように無理やり収納グッズをねじ込んでみたり、ピタッとくる収納の配置を求めて数ミリ単位で中身をずらしたりして、頭の中はいつも収納のことでいっぱいになってはいないでしょうか。

実は、あなたが収納場所に困っているとしたら、その理由は「収納の少なさ」ではなく「いらないモノを持っていること」が原因かもしれません。

この記事では、スッキリとした収納をキープするシンプルなコツについてご紹介します。

モノを捨てる前に収納に手を出せばリバウンドの始まり

 片づけるノウハウをご覧になり、5つのカテゴリー順でモノを捨ててそれぞれモノの定位置を決めた方から、
「こんなに収納できるスペースがあったんだ」
「収納場所を考えていた時間はなんだったのだろう」
という感想が届くことは少なくありません。

「まずは捨てる」を終わらせて、「ときめくモノ」だけを選べるようになると、なぜか今住んでいる家の収納スペースにぴったりと収まるケースが多いのです。

逆に、モノを減らさないまま収納のことをあれこれ考えたり、収納ワザを使ったりすると、片づけても片づかない「リバウンド地獄」に進んでしまいます。

今でこそ「収納の達人になってはいけない」「収納のことは一度忘れてまずはモノを捨てることが大事」と提唱しているこんまりこと近藤麻理恵も、以前は収納のことばかり考えていた時期があったそうです。

なんと5歳のころから収納について考え、ありとあらゆる実践と失敗を経験してきた近藤麻理恵は、片づけの仕事をはじめ、お客様のたくさんの実例を見る中で、

「モノを捨てる前に収納のワザに走ってはいけない。まずは捨てるを終わらせることが大切」

という結論に至ったそうです。

片づけはお家と仲良くなる作業

収納というと、空間を合理的に使って「いかに多くのモノを収めるか」という頭脳勝負だといわんばかりに、なぜかモノやおうちの空間に対して挑戦的な気持ちになっていませんか?

片づけの基本は、おうちと仲良くなって「ときめきによる判断」で「まずは捨てる」を終わらせて、モノの定位置を決めてあげること。

それさえできれば、難しい収納ワザは必要ないかもしれません。

もし、収納場所に困るようでしたら、ご自身の持ち物を「ときめき」に従ってもう一度見直してみませんか?

「ときめき」によるよって何を残すを選んでいくと、案外ピタッと正確な収納がつくれるかもしれません。