趣向をこらした収納ワザや、便利な最新の収納グッズなどを使っても、なぜか家が片づかない。

こんな経験をしたことはないでしょうか。

こんまりこと近藤麻理恵も、収納ワザに何度も走った結果、”収納は極限までシンプルにする”という結論に至ったそうです。

モノが多くなってしまう原因は、持っているモノの量を把握していないからです。
ですので、収納が複雑だと、持っているモノを把握できずにモノが増えてしまうのです。

つまり、収納法をできる限りシンプルにしなければ、収納してもモノが溢れてリバウンドします。

この記事では、モノを分散させずに2つのカテゴリーでシンプルな収納をつくる方法をご紹介します。

2つのカテゴリーごとにまとめて収納

「こんまり®︎メソッド」での収納の考え方は極めてシンプルです。

同じカテゴリーのものは一箇所に集中させる。分散させない。
これだけです。

収納のカテゴリーといっても、実は2つしかありません。

「モノ別」「持ち主別」これだけです。

一人暮らしの方は、「モノ別」だけ考えれば大丈夫です。

ご家族と暮らしている方は、「持ち主別」のカテゴリーも考えていきましょう。

モノ別で片づければ収納はシンプルになる

「モノ別」の収納は難しく考える必要はありません。

ときめくモノを選んだ時と同じように、衣類、本類、書類、小物類そして最後に思い出品の順番で選んだら、それぞれ同じカテゴリーのモノをまとめて収納をつくるだけ。

例えば、洋服ならクローゼット、キッチン用品キッチンに。
なるべく迷いなく収納できるものから収納場所をきめていきましょう。

次に、性質の似たものは近くに収納することを意識します。

たとえば、洗面所にスキンケア用品を収納したら、その隣にはヘアケア用品、近くにはドライヤーと、役割や形状が近い「仲良し」なモノ同士は、近くに収納するとスッキリします。

「持ち主別」に収納して自分だけの「聖域」を

家族で住んでいる場合は、一人一か所スペースを決めて、自分のスペースに全て集めて収納していきましょう。
名付けて、一点集中収納法です。

誰でも、自分のスペースがあるというのはうれしいものです。
「自分だけが管理する、自分だけのスペース」と思えれば、きちんと管理がしたくなり、片づけへの意識が高まります。

誰にでも自分のモノがまとまって置いてある「聖域」は絶対に必要なのです。

収納を考えるにあったって、「同じカテゴリーのモノは集めて収納する」という原則を意識して、自分の持ち物を把握できるシンプルな収納づくりを進めていきましょう!