「家事の動線を考えて収納をつくりましょう」

ちょっとマジメな収納本に出てくるこのフレーズ。

家事動線を意識して使いやすさを重視した収納づくりの考え方は、決して間違ってはいませんし、実践されてる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、収納がうまくいかないと悩まれているのであれば、家事の行動動線を無視してみましょう。

この記事では、リバウンドしないためのシンプルな収納のコツをご紹介します。

収納では「出す手間」より「しまう手間」を省く

モノが散らかってリバウンドする原因は「元に戻せない」から。
つまり、使うときの「出す手間」より、元に戻す「しまう手間」を省くことが大切です。

使うときは、目的が明確にあるので「出す手間」は気になりません。

しかし、「しまう手間が面倒」だったり「しまう場所がわからない」状態だったりすると、いとも簡単に部屋は散らかり始めてしまうのです。

ですから、細かい行動動線に合わせた複雑な収納のために片づけの手が止まってしまうより、どこに何があるかわかりやすい、シンプルな収納をつくりましょう

また、実は、行動動線によって収納をしているように見えて、モノの置き場によって、無意識にその人の行動が決まってしまうケースも多いのです。

「出す手間」を省いた方の実際の事例を見ていきましょう。

手の届く範囲にモノがあった方が便利という夫を持つNさんの事例

こんまりこと近藤麻理恵がレッスンをしたお客様のNさんのお家では、こんなことがありました。

ご自身のモノを片づけたNさんが、パートナーである夫のモノを片づけ始めときのことです。

「彼は本でもリモコンでも手に届くところに置いていないと嫌なんです」とおっしゃるNさん。

家の状況を見てみると、Nさんの夫のモノが、いたるところに点在していました。

玄関にはバッグ、洗面所には下着と靴下、本棚以外の場所にもいたるところに本が積み重なり、モノが分散された状態でした。

そこで、Nさんの夫のモノを、本人が使用しているクローゼットに「一点集中収納法」でまとめて収納をしてみました。

「使う場所に置いておくのが好きなので、不機嫌にならないかしら」とNさんは終始不安そうでした。
しかし、Nさんの夫は「変えたら変えたで収納してある場所に取りに行くだけだから」といとも簡単に受け入れてくれました。

その後、実際に収納を使用しはじめたNさんは、洗濯物を戻すときに、ご主人の下着と靴下も、洋服と同じクローゼットに一緒に戻せて家事の手間が減ったと喜んでくださいました。

Nさんの夫も「収納場所が一か所に決まっていることで元に戻すのが楽になった」と言い、シンプルな収納は大好評だったそうです。

動線に合わせて収納をつくるより、「しまう手間」を省いたシンプルな収納が大切なことはおわかりいただけたのではないでしょうか。

収納では使用頻度も気にしない

家事や行動動線と同様、使用頻度もさほど気にする必要はありません。

もし気にするとしても、使用頻度は高いか低いかのどちらか。
はじめからしっかりと決める必要もありません。

なぜなら、使っているうちに使用頻度が低いものは奥に、高いものは手前にと自然と調整されていくからです。

カテゴリーごとにシンプルな収納をつくったら、あとは使いながらいくらでも調整可能です。

まずは気軽に、シンプルな収納づくりを楽しんでみましょう!