5つのカテゴリー順の片づけも、いよいよ終盤です。
衣類、本類、そして書類の片づけが終わったら、次は4つ目のカテゴリー「小物類」の片づけに進みましょう。

小物類といえば、こんな経験をしたことはありませんか?

収納棚の端に置かれた、小さくてかわいらしい箱。
フタを開けてみたら、どこかで見覚えがあるような、ヘアピン、消しゴム、洋服の予備ボタン、使用済みかどうかわからない乾電池、古いお守り、キーホルダーなどが所せましと詰まっていた。

きっとだれもが、家のなかで1つや2つ、こんな箱を見たことがあるのではないでしょうか。

そのくらい、小物類というのは「ときめき」を意識して残しているわけではなく、ただ「なんとなく」でため込んでしまう性質を持っています。

それに、一口に「小物」といっても、イメージするものは人によって違うくらい範囲が広いモノです。

今回は、カテゴリー範囲が広くて難しい小物類を、誰もが片づけられるようになる順番とコツについてご紹介します!

小物類を片づけるコツはカテゴリーで分けて、集める

「小物類」を片づけるコツは、「カテゴリーごとに分けて、集めること」。
まずは、片づけの基本と同じで、家中の小物類を一か所に集めてみましょう。
それから、集まった小物類を、カテゴリーごとに分けてみます。

小物の一般的なカテゴリーは以下のようにわけられます。

・CD/DVD類

・スキンケア用品

・メイク用品

・アクセサリー類

・貴重品類(印鑑/通帳/カード類)

・機械類(デジカメ/コード類など”電気の香りのするもの”)

・生活用具(文房具/裁縫道具など)

・生活用品(薬類/洗剤/ティッシュなどの消耗品)

・キッチン用品/食料品

・その他

この他にも、個人的な趣味のモノなどがあれば、1つのカテゴリーとして整理しましょう。

持っているものをカテゴリー別に分けてみると、「あれ?こんなモノ持っていたっけ?」と持っている事すら自覚のない小物類の多さに気が付いたのではないでしょうか。

「ときめき」にあふれた暮らしを送るためには、自覚すらなく「なんとなく」持っている小物類にをカテゴリーごとに集めて、手放すことが大切ポイントなのです。

選びやすいカテゴリーから「ときめく」小物を残す

持っている全ての小物をカテゴリーごとに分け終わったら、自分が「選びやすい」と思ったカテゴリーから、「ときめき」だけを基準に残すものを決めていきましょう。
カテゴリーがはっきりしているモノ、収納場所を決めやすいものから片づけると、比較的スムーズに片づけが進みます!

選び終わったカテゴリーの小物は、分散させずに一か所に集めて収納していきましょう。

ここで、実際に「なんとなく」で残されてしまいがちな、小物の代表例を片づけるコツもご紹介していきます!

プレゼント類

大切な人が自分のため選んでくれたプレゼントは簡単に捨てられるはずがありません。

でも、改めて思い出してみてください。

未開封のままになった、お部屋のインテリアに合わない写真立てや、しまい込んだままのお土産の置物など、使わずに眠らせているプレゼントも多いのではないでしょうか。

いただいたモノを心から喜んで使うのがベストかもしれませんが、どうしても自分の趣味に合わないモノなら、イヤイヤ使うことは送り主の本望ではないはずです。

プレゼントはモノよりも、気持ちを届ける行為です。

だからこそ、「受け取った瞬間のときめきをくれてありがとう」と感謝して、手放してもよいのではないでしょうか。

用途不明のコード類

「何のコードだろう?」と思うような「謎のコード」は、ほとんどが一生謎のままです。

使うタイミングが来たとしても、その時にはたいてい新しいコードを買ってしまうもの。
この際、自分がはっきりと把握しているコードだけを残して、手放してしまいましょう。

 

今回は、「なんとなく」で溜まってしまう小物類を片づけるコツについてご紹介しました!

範囲が広いので、小物類をさらにカテゴリー別に分けて、集めて、ときめく小物にあふれたお家にしていきましょう♪

他にも、小物類の代表カテゴリーである「キッチン用品」、「アクセサリー類」、「スキンケア用品」などについては別の記事で詳しくご紹介しますね!

次はいよいよ、5つのカテゴリーの最難関の「思い出の品編」です。

ここまでの片づけで、何が自分を幸せにするのか、どんなモノに囲まれて生きたいのかがわかっていれば大丈夫。

一緒に最後まで片づけを終わらせましょう

思い出の品は実家に避難させたら最後、永遠に捨てられない

参考書籍:こんまり『人生がときめく片づけの魔法』


人生がときめく片づけの魔法 改訂版/近藤麻理恵(こんまり)