”衣類、本類、書類、小物類”と片付けてきたら、いよいよ最後は思い出品です。
なぜ思い出品が最後なのかと言うと、捨てる判断をするのが一番難しいから。

文字通り、思い出がいっぱい詰まっている、かつてときめいたモノたち。
それらを手放すと、大事な思い出さえも捨ててしまったような気がしますよね。

でも、この記事でお伝えしたいことが1つだけあります。
思い出品の片付けは、過去を捨てる作業ではありません。
過去の思い出を、これからの人生に活かしていくために片付けをするのです。

つまり、私たちが生きているのは「今」なのです。

「過去」がどんなに輝いていたとしても、人は「過去」を生きられるわけではありません。

今をときめくことの方がずっと大事だと思いませんか?

ときめく“今”を生きるために、この記事では、最も難しいカテゴリーである「思い出の品」を片づけるために3つのコツのうちの1つをご紹介します。

それは、「実家を思い出の避難場所にしない」ことです。

それでは、早速見ていきましょう!

実家を思い出の避難場所にしていたクライアントAさんの例

「実家を思い出の品の避難場所にしない」と聞いて、ちくりとココロが痛んだ方も少なくないのではないでしょうか。

学生時代のアルバムや手紙など、思い出の品は整理するのが難しいからと、実家に避難をさせたが最後、思い出の品を片づけるタイミングを失ってしまいます。

ここでは、まさに思い出の品を実家に避難させていた、近藤麻理恵のクライアントAさんのケースを詳しくご紹介したいと思います。

二回目のレッスンにAさんのご自宅へ伺った日のお話しです。

前回より明らかにモノの減った様子に、近藤麻理恵はAさんにこういいました。

「Aさん!頑張りましたね! 30袋くらいはモノが減ったのではないですか?」

そしてAさんは満面の笑みを浮かべて、嬉しそうにこう答えたそうです。

「はい!とっておきたかった思い出の品は、ほとんど実家におくっちゃいましたから!」

皆さんは、Aさんのように、実家に送った思い出の品を引き取りに行ったことがありますか?
多くの方は、「いいえ」と答えるのではないでしょうか?
そう、一度実家におくってしまったら、その段ボールの封が解かれることはないのです。

実家のスペースは「今」の生活で暮らす家族のスペース

実はその後、なんと先程のAさんの実家のお母さんが近藤麻理恵のレッスンにいらっしゃったそうです。

その時のお母さんのリクエストは、「自分だけのリラックスできるスペースがほしい」というもの。

お話を聞いてみれば、実家に暮らすお母さんのスペースには、Aさんの思い出の品が占領しているという状態になっていました。

実家で暮らすお母さんが、くつろげる場所すらないという事態にようやく気が付いたAさんは、実家におくった思い出の品の封をあけて、ひとつずつモノと向き合って、ときめくモノだけを残すことに決めたのです。

思い出の品を片づけることは、過去に片を付けること

Aさんが長い間封印したままの思い出の品の中からは、昔の恋人からの手紙や、学生の頃につけていた日記など、たくさんの思い出の品が出てきたそうです。

その一つ一つと向き合ううちに、片づけをしながら「あの時はありがとう」とようやく過去に向き合え、思い出の品を手放していきました。

Aさんのストーリーからもわかるように、思い出の品というモノは、手で触って、ときめかないモノに感謝して手放すことで、人は初めて過去と向き合えるのです。

もしかしたら、私たちも知らないうちに、今を大切にする以上に、過去に引きずられてしまっていることがあるかもしれません。

片づけとは、ひとつひとつの過去に片を付けていくことでもあります。

人生の次なる1歩に踏み出すために、思い出の品に向き合って、ときめくモノだけを残して「今」を大切に生きていきましょう。

思い出の品を片づける3つのコツのうち、残る2つのコツについては、別の記事で改めてご紹介いたします!

ぜひLINEで友だち登録お願いします♪

思い出の写真を整理するなら1番最後に。アルバムから全て出して

参考書籍:こんまり『人生がときめく片づけの魔法』


人生がときめく片づけの魔法 改訂版/近藤麻理恵(こんまり)