思い出の品の中でも、片づけるのが最も難しいモノ。

それは「写真」です。

片づけを進めていくと、小さな箱に詰め込まれた写真の束や、本に挟まれたままの写真など、思いがけないところからもたくさんの写真が発掘されたのではないでしょうか?

写真の片づけでも、「ときめき」を基準に残すモノ決めることには変わりはありません。

しかし、その1枚1枚を手に取った瞬間、当時の様々な感情が蘇って片づけの手が止まってしまうため、写真の片づけは最も難しいと言われるのです。

この記事では、なかなか進まない「写真を片づける3つのコツ」についてご紹介いたします。

写真の片づけは1番最後に、アルバムから出して

1つ目のコツは「写真の整理は1番最後にする」ことです。

「モノを触ってときめくかどうか」の判断力がついていない段階で写真を整理すると、「思い出」の力に吸いよせられて手が止まり、片づけが進まなくなります。

これまで、自分が「何にときめくか」でモノを残す判断をしていくために衣類→本類→書類→小物類→思い出の品の正しい順番で片づけを進めてきました。

ここまで来たあなたなら、自分でも驚くくらい「ときめきによる判断」が正確にできるようになっているはず。

そこで、さらに思い切って、アルバムから全ての写真を1枚ずつ出して、手に取ってみてください。
ときめくモノとそうでないモノが実感できるはずです。

「そんな面倒なこと、やってられない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
けれど実際は、選べないからと、写真屋でもらったアルバムに漫然と写真を入れて見直していない、「なんとなくアルバム」も多いのではないでしょうか?

写真を本当の意味で整理するためには、片づけの1番最後に、アルバムから全て出して1枚ずつ向き合うしか方法はありません。

本を片づけた時と同じように、アルバムから1枚ずつ取り出して触ってみると、本当に大切な写真は、案外多くないと思いませんか?

大切なのは過去の思い出より今の生活

2つ目のコツは「過去の思い出よりも、今の自分の生活を大切にする」ことです。

時々、写真の整理を、老後の楽しみにとっておくという方がいます。

でも、未整理のままの写真を詰め込んで山積みになった段ボールに空間を使うよりも、一度片づけを終わらせて、ときめくモノだけを残した方が、今の生活を豊かにできると思いませんか?

せっかく老後を楽しむのなら、見るたびにあなたにときめきを与えてくれる写真だけをお家に飾りませんか?

忘れられない過去や古い縁よりも、新しい出会いに巡り合うチャンスに目を向けてみませんか?

大切なのは、過去の思い出ではありません。
過去の思い出を積み重ねて存在している、今の自分が1番大切なのだということを、片づけは教えてくれるのです。

家族写真の片づけは家族と楽しく

最後のコツは「家族の写真は家族と片づける」ことです。

家族と一緒に写った自分の幼少期の写真や、記念日の写真など、「家族の写真」は思った以上に多いモノ。

ここは思い切って、床に全ての写真を出して、「あの時、あんなことあったよね!」とワイワイ言いながら、家族と一緒にときめく写真を残してみましょう。
一緒に残したときめく写真を使って、家族にアルバムをプレゼントする方もいらっしゃいます。
段ボールに眠らせたままでいるよりも、いつも目に見える場所に写真を置いて、思い出を見返せる暮らしも素敵だと思います。

大切な家族と大切な写真を選ぶ作業は、一番楽しい片づけと言えるほど充実した時間になるでしょう。

 

この記事では、片づけの中で一番難しいといわれる「写真を整理する3つのコツ」についてご紹介しました。

どんなに過去が輝いていたとしても、私たちは過去を生きられません。
過去の経験を経て、今存在している私たちが「今、ときめくか」が大事だと信じています。

今の空間を、未来の自分の生活のために使うことの方が、理想の暮らしに近づくのではないでしょうか?

参考書籍:こんまり『人生がときめく片づけの魔法』


人生がときめく片づけの魔法 改訂版/近藤麻理恵(こんまり)