「片づく思考」と「片づける準備」で正しい片づけの方法を学んだら、いよいよここから片づけの実践編に進んでいきます。

片づけを「短期に、一気に、完璧に」終わらせるためには、「5つのカテゴリー」を「正しい順番」で片づけるのが効果的です。
なぜなら、残すか捨てるか判断しやすく、カテゴリーがハッキリしているモノから整理した方が楽だからです。

今回は、5つのカテゴリーの1つ目。
衣類を片づける方法についてご紹介します。

衣類を片づける時にみなさんからよく聞くお悩みは「どれを捨てればいいのかわからない」というもの。
実は、洋服を捨てられない理由は「自分の持ち物の適正量を把握できていない」からなのです。

この記事では、洋服の片づけがサクサク進んでピタリと収納できるようになるコツをご紹介します♪

まずは家中の衣類を1つ残らず1か所に集める

衣類の片づけで初めに行う作業は、「家中の衣類を1つ残らず1か所に集める」ことです。
多くの方は自分が持っている衣類を正確に把握していません。

例えば、こんな経験はありませんでしたか?

お店で一目見て気に入ったワンピース。
いざ家に帰ってクローゼットにしまおうとしたときに、似たようなワンピースがクローゼットのハンガーに掛かっていました。
「そうだ。昨年も似たようなワンピースを着ていたなあ」とようやく思い出したものです。

また、「1枚持っていれば着回しができそう!」と思って買った白いブラウスが何枚もあるけれど、結局いつも同じブラウスを着ていたのです。

そうなんです。
洋服を捨てられずに、どんどん増えてしまう理由は「自分の持ちモノの適正量」を把握していないからなのです。

自分の持ちモノと向き合うために、クローゼットやタンスの中、忘れがちなベッド下などから、「衣類」と呼べるものを1つ残らず1か所に集めるところからスタートしましょう。

そして、ひととおり衣類を集めたら、「これ以上、もうどこにも洋服はありませんか?」と問いかけてみてほしいのです。

片づけコンサルタントの近藤麻理恵は、お客様に「これ以降に出てきた服は、なかったモノとしてあきらめていただきますよ」と伝えます。
すると、多くのお客様は「無条件に捨てられたらどうしよう!」と本気で思い出して、いくつかの衣類が出てくるそうです。

全ての衣類を自分の目の前に集めることで、この後の「何を残すか」「何を捨てるか」の判断がしやすくなるので、ここは手を抜けません。

もしもこの時点で思い出されなかった衣類たちがあったとしても、それは結局持っていてもときめかないモノです。
潔くあきらめてしまいましょう!

衣類の山は有限なので、必ず片づけは終わる

夏物から冬物、小物をあわせると、ひざ下くらいまで届くような、今までに見たことのない想像を超えた衣類の山が現れます。

ちなみに、近藤麻理恵のお客様のトップスの平均はなんと160着だそうです。すごいですね!

多くの方は、そびえ立つ衣類の山を見て「こんなに持っていると思わなかった…。」と呆然と立ち尽くしてしまいます。
この衣類の山を見て、「本当に終わりは来るのだろうか…」と不安になってしまうのが最初の壁。

ですが、ご安心ください。
お家のモノは有限です。そして、片づけは物理的な作業なので、モノが有限である以上、必ず終わりがあります。

そして、衣類の1つ1つを手で触って、ときめくモノだけを残していきましょう。

自分のときめきの感覚がハッキリわかってくると、片づけがサクサク進み、ときめくモノだけに囲まれて楽しくなってくるはずです!

次のステップでは、あなたがどんな服にときめくのかをわかりやすくするコツをご紹介しますね!

衣類はオフシーズンのモノから片づけるのがコツ

それでは、いよいよ1か所に集まった衣類の山の中から、1つ1つ「ときめくかどうか」を基準に「残す」モノを決めていきましょう。

とはいえ、いきなりときめきの感覚なんてわからない、と思う方もいらっしゃると思います。

そこでまずは、自分のときめきの感覚をわかりやすくするために、オフシーズンの服から始めましょう。
オンシーズンの服の場合、どうしても「着ていくものがなくなったらどうしよう」「昨日も来たから、またきっと着るはず」と思ってしまいがち。
冷静に自分のときめきの感覚と向き合うのが難しくなってしまいます。

だからこそ、純粋にときめきの感覚だけで選べるオフシーズンの衣類から始めることが大切なのです。

この時、何を残すかを判断するための良い質問があります。

それは、「次の季節にぜひ会いたいかどうか」。

この質問を自分に問いかけながら1枚づつ丁寧に触っていくと、想像以上にスルスルと、ときめく感覚で洋服を選んでいけます。

オフシーズンの衣類でときめく感覚を身に着けたら、次は今のシーズンに着ている衣類も片づけを進めていきましょう。

ときめきで選んだ服だけが残ったら、次はいよいよ「収納」のステップです!

収納の種類は「かける収納」と「たたむ収納」

衣類を一気に選び終わると、床には3分の1か、4分の1ほどに減った洋服が残っているでしょう。
残った洋服は、収納しなければなりません。

衣類の収納には2種類の収納があります。

ひとつはハンガーを使った「かける収納」。
もうひとつは引き出しにしまう「たたむ収納」。

実は、こんまり®︎メソッドでおススメするのは、断然「たたむ収納」なのです。

こう話すと「洋服をたたんでしまうなんて面倒!」と思う方もいるかもしれません。

しかし、実はお家の収納スペースの問題は、「たたむ収納」でほとんどが解決すると言っても過言ではありません。
「たたむ収納」が持つ威力についてご紹介していきますので、ぜひご覧くださいね!

「たたむ収納」で服の収納問題は解決する

「たたむ収納」は「かける収納」の比べ物にならならいほど収納力に優れています。
たとえば、10着分の服をかけるスペースがあれば、正しくたためば20着~40着は収納することができます。

「収納する場所が無い」と思う人は、「かける収納」を「たたむ収納」へと変えてみると、その威力のすごさを感じられると思います。
それだけ、「たたむ収納」の収納力はすさまじいのです。

さらに、正しい方法で服をたたみ、「立てて収納」することでさらに収納力は上がります。
(詳細は後日、別記事にてご紹介します!)

そして洋服をたたむ本当の価値は、「自分の手で触って、洋服にエネルギーを与える」ことにあります。
手をかざして治癒する「手当て」という言葉があるように、手で触れる事は相手に安心感や癒し、パワーを与える行為なのです。

それは、服も同じ。
持ち主が手で触って整えられた衣類は、シワがピンと伸び、生地がしっかりしていきいきとしはじめます。
洋服をたたむという行為は、単に収納力を高めるだけではなく、いつも自分を支えてくれる洋服に愛情を示す行為なのです。

まるで洋服と対話をするように「いつも守ってくれてありがとう」と心を込めて畳むことで、今まで気が付かなかった洋服のほつれや、傷みの具合なども、手に取るようによくわかるようになっていきます。

もともと、日本は「たたむ収納」を文化としている国です。
着物や浴衣を、几帳面にたたみ、タンスの引出に合わせてピタリと角を揃えて服をたたむ国は他にはありません。
だからきっと、たたむことの心地よさはすぐに実感できると思います。

この記事では、残すか捨てるか判断しやすく、カテゴリーがハッキリしているモノから整理するために、衣類の片づけ方をご紹介しました。

服を捨てられずにどんどん増やしてしまう理由は、自分の持ちモノを正確に把握していないためです。

そこで、1か所に全ての衣類を集めて、そびえ立つ衣類の山からときめくモノだけを残しましょう。

不安にならなくても大丈夫です。片づけは物理的な作業なので、必ず終わります。

そして、ぜひ「たたむ収納」で服を収納してみてください。

クローゼットを見違えるほどスッキリさせて、二度とリバウンドしないときめく空間にしていきましょう♪

【次の記事は…】

本棚を整理したいならすべての本を出して片づけを始めよう

参考書籍:こんまり『人生がときめく片づけの魔法』


人生がときめく片づけの魔法 改訂版/近藤麻理恵(こんまり)