あなたは片づけが得意ですか?
それとも苦手ですか?

「片づけに対して苦手意識があってなかなか片づけ祭りを始められない」

そんな思いを持っていませんか?

でも、大丈夫です。
片づけがまったく苦手な人こそ、劇的に片づけができるようになります。

この記事では、「片づけが苦手な人」が「片づけが得意な人」になる理由をご紹介します。

片づけは得意ですか?への返答3パターン

あなたは、片づけが得意ですか?

こんまりこと近藤麻理恵がお客様の片づけ祭りを始める前にこう質問すると、返ってくる答えは「得意」「ちょっと苦手」「全く苦手」の3つのタイプに別れるそうです。

「片づけが得意な人」の場合は、ときめきでモノを選ぶことも比較的できていて、片づけに関する質問も「掃除機の収納は押し入れと納戸どっちがいいですか?」という具合に、とっても具体的です。
ちょっと収納に手直しするだけで、片づけ終了ということも珍しくありません。

「片づけがちょっと苦手な人」の場合は、自分なりに片づけをされていて悪くはないのですが、ときめかないモノがまだ残っていたり、モノが分散した複雑な収納になっていたりします。

最後に「片づけがまったく苦手な人」の場合は、片づけレッスンのためにあえて散らかしたのでは?と疑いたくなるような見事な散らかりっぷり。

モノのときめきチェック以前に、服を集めるための場所を確保したり、掃除機をかけるところからスタートすることもしばしばです。

どのタイプが1番劇的な片づけられるようになる?

どのタイプであっても、最終的に片づけられるようになるのですが、あえてどのタイプが一番劇的に片づけられるようになるかといえば、「片づけがまったく苦手な人」で間違いありません。

このタイプの方は、一度片づけた後のマメさがすごいのです!

実際に、こんまりのお客様のパートナーの夫からは、「妻がすっかりマメになって、まるで別人のようです!」と驚きの声もありました。
良い意味でも悪い意味でも現状を気にしないタイプで、下は見ない、後ろは振り返らない、出しても元に戻さない。
それが何にも気にならない。
そんな奥様が、毎日洋服をたたみ、カバンの中身を全て出して元に戻す姿を見るだけで、ダンナ様は感動されていました。

人生に想像したこともないようなインパクトが起きた時、人は劇的に変わるのです。

片づけが苦手な人はいない。方法を知らないだけ

片づけが苦手というのは、思い込みに過ぎません。
正しい方法を知らず、片づいた状態を経験したことがなかった。
ただそれだけなのです。

片づけの効果は、劇的に人を変えることができます。
自分は一生、片づけられないまま人生を終えると思っていた人でも、必ず片づけられるようになれるのです。

ただし、それは片づけると決意した人だけに贈られるプレゼント。
人が心から求めれば、誰でも自分の人生を変えることができます。

さあ、あなたも片づけ祭りを始めましょう!