前回の記事では、片づけは「場所別ではなく、モノ別に片づける」のがこんまり流片づけ術の重要なポイントの1つでしたね!

いよいよ、具体的にどのようにキッチンを片づけていきましょう。

衣類、本類、書類の片づけが終わったら、小物カテゴリーの「キッチン小物」の片づけに進みます。

キッチン小物は種類も多く、ややこしく見えがちですが決して難しくはありません。

キッチン小物は、3つのカテゴリーに分類して片づけていきましょう。

キッチン小物は3つの小物に分けられる

キッチン小物の三大カテゴリーは「食べる道具」「つくる道具」「食べ物」です。

そしてここでも、「まずは捨てるを終わらせる」ことがポイントです。

残すものを一気に選びきるために、すべての「食べる道具」「つくる道具」「食べ物」を収納から取り出して並べましょう。

ここでは冷蔵庫に入れておく食材は含まないので、安心してくださいね。

収納から取り出したら、「食べる道具」「つくる道具」「食べ物」のそれぞれを全て選び終わってから、カテゴリーが分散しないように、一回で収納を作るのがキッチン小物の片づけの基本です。

モノの総量が多い場合は、はじめに「食べる道具」を選びきったら、収納し「つくる道具」と「食べ物」の残すものを選び終えたら、収納する。

というふうに、キッチン小物を「食べる」と「つくる」の2つのシチュエーションにわけて片づけを進めても大丈夫です!

キッチンの収納場所は3つ

キッチンの収納というと、細かい収納テクニックに目が行きがちですが、まずはざっくり、キッチン全体について考えていきましょう。

一般的な収納場所は大きく分けて、「シンク下」「コンロ下」と、備え付けてある棚や、引き出し、食器棚類などの「それ以外」の3つです。

収納は備え付けの大きなスペースから納めていくのが鉄則なので、まずは「シンク下」「コンロ下」の空間から考えていくのが正解です。

「シンク下」は、上で水を使っているだけに、水っぽい感じが充満し、「コンロ下」は火と油が漂っているようなゴーゴーとした感じが漂っています。

陰陽五行でもその裏付けをする記述も多く、シンク下は「水」、コンロ下は「火」とうように、場所によって性質が違うようなのです。

ですので、鍋やフライパンの調理器具は「シンク下」に、湿気に弱い調味料や乾物などは「コンロ下」に収納するのがおススメです。

「火にかけるときにサッと出せるように、調理器具はコンロ下に収納したほうが便利なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、料理中に慌てるのは、フライパンや鍋を取り出すより、調味料を加えるときでなので、動線の心配も、問題ありません!

キッチン収納のコツ

シンク下やコンロ下などの「空間」は、高さを活用できるかが、収納のコツにつながります。

ワイヤーラックやクリアケースなど、片づけまつりで使わなくなった収納グッズがあれば、ここが使いどころです。

調味料や洗剤も、空き箱のフタをトレーとして敷くのがおススメ。

油じみなどの汚れを防ぐためにはもちろんですが、見た目にもスッキリと整います。

モノが多い場合の使用頻度は、何段階にも細かく分けるより「高い」か「低い」かでざっくりと分けるほうが混乱しません。

使用頻度の低い重箱などは、上の棚に収納してしまいましょう。