スケジュールはいつもいっぱいで、机の上も書類が山積み。
処理しきれないメールが未読のままで、to doリストを消していくだけの毎日。
追われるように仕事をして、気がつけば、仕事も暮らしもごちゃごちゃ。。

こんな風に感じたことはないでしょうか。

もしあなたがこんな状態なら、やるべきことはただ一つ。それは、「片づけ」です。

実はこんまりメソッドの片づけは、ときめく働き方の実現にも効果的なのです。

「ときめく働き方」は片づけで叶えられる理由

こんまりこと近藤麻理恵さんは、大学在学中の19歳の頃から、片づけコンサルタントとしてのキャリアを歩んできました。

これまで「忙しくて片づけなんて無理です」「一気に片づけたど結局リバウンドしてしまった」など、片づけに対して諦めの声をたくさん聞いてきました。

そして、多くの方の諦めを、一度片づけたら二度とリバウンドしないシンプルな方法で、ときめく暮らしを実現してきたのです。

いつしか、こんまりは「ときめく働き方」についても教えてほしい、というリクエストの声をたくさんいただくようになりました。

実は、こんまりメソッドが理想の働き方を実現することにも効果的であることを、こんまりさんも気づいていました。

こんまりメソッドの大きな特徴は2つ。
1つめは、一度片づけたら二度とリバウンドしないシンプルな方法であること。
そして2つめは、「ときめくモノを選ぶ」という選択基準です。

この2つの特徴は、仕事場、データ、時間、会議、決断の生産性を上げることにも効果的だったのです。

こんまりさんがレッスンしていたオフィスの片づけ

こんまりさんといえば「お家の片づけ」の専門家のイメージが強いと思いますが、実は経営者の方向けにオフィスの片づけをレッスンしていた時期がありました。

会社員として勤めていた会社内でも、同僚や上司にデスクの片づけを頼まれたことが多かったそうです。

そして、仕事場の片づけをすることで、明らかに仕事に対するときめき感がアップすることで、仕事がうまく回り始めることに気がつきました。

その結果、生産性が上がって業績が伸びたり、早く帰れるようになったりと、ワークスタイルが好転していくたくさんの例が後を絶たないようになりました。

ワークスペースを片づけることで理想の働き方を手に入れよう

家を片づけると人生がときめくのと同じように、ワークスペースを片づけることであなたの働き方やキャリアにも変化が訪れます。
ワークスペースとは、物理的なオフィスやデスクだけではなく、データ、時間、会議、メールなど、非物理的なモノも片づけます。

仕事においては個人のときめきだけでは選べないこともあるかもしれません。

あなたにとってときめく働き方を実現するためにはどうしたらいいのか、次回は具体的な仕事場の片づけ方法からご紹介していきます。