理想のお家を目指す中で、一緒に暮らす家族が片づけられない事を悩んでいる方は、実は少なくありません。

「私が片づけても、家族がすぐに散らかしてしまうんです」
「夫がモノをため込むタイプで、いっこうに片づけがすすみません、、」

特に、自分が片づけを始めると、家族の片づいていないところが見えてしまうようです。

今回は、家族も片づけられるようになる、一番ラクな方法についてご紹介いたします。

家族のモノを捨てても何も解決しない

片づけられない家族の散らかしたモノを見るたびに
「どうして私が家をきれいにしようとしてこんなに頑張っているのに、家族はいらないモノをため込むんだろう」
と、ため息をつきたくなるかもしれません。

そんな時、頭に浮かんでくるのは「こっそり捨ててしまおう」という作戦ではありませんか?

しかし、その作戦で良い結果が生まれたケースは聞いたことがありません
逆に、家族からの非難をうけ「片づけ禁止令」を家族から言い渡されてしまう人もいるそうです。

「こっそり捨ててしまおう」という作戦は、家族の信頼関係にヒビが入ってしまう可能性もありますし、何より家族が「片づけなんか二度としない」と頑なにさせてしまいます。

これでは、ますます家族の片づけは進まなくなってしまうでしょう。

片づけられない家族への1番ラクな対処法とは

実は片づけられない家族に対する一番の対処法は「自分のモノを黙々と片づける」ことなのです。

こんまりこと近藤麻理恵は、自分の部屋以外に片づける場所がなくなり、家族の片づいていないところが気になって仕方なかったある日、改めて自分の部屋を見回してみました。
すると、片づけられない家族にイライラしている時は、必ず「もう着なくなった洋服」や「捨ててもいい本」が自分の部屋にもたくさんあることに気が付きました。

なんと、片づけられないと思っていた家族と、同じことをしていたのです。

そこで、しばらく自分の片づけに集中することに徹したところ、たった2週間で家族にも変化が見えてきたそうです。
頑なに片づけなかった家族が、自分から片づけをはじめたそうなので、驚きますよね!

自分の片づけは周りの人にも連鎖反応をおこし、自分が片づけをはじめれば、周りの人も次々と片づけたくなる不思議な力をもっているのです。

自分の片づけに徹すると起こること

自分の片づけに徹すると、もう1つ面白い変化が起こるようになります。

それは、「自分のモノを黙々と片づけていると家族が散らかしていても気にならなくなる」という変化です。

自分のスペースを片づけて満足できるようになると、家族のモノを捨てたくなることもなくなり、共用の場所が散らかっているなと感じた時も、何も言わずにスッと片づけられるようになるのです。

家族の片づけられないところを指摘したくなるときは、自分の片づけが疎かになっているサイン。

そんな時にこそ、自分のモノにしっかりと向き合っていきましょう!

参考書籍:こんまり『人生がときめく片づけの魔法』


人生がときめく片づけの魔法 改訂版/近藤麻理恵(こんまり)