キッチンにビニール袋をストックしている方は多いようです。

ビニール袋をキッチンのどこかにぶら下げていると、かさばってスペースをとりますし、取り出すときにガサガサと音がしたり、ビニール袋の収納って見た目がイマイチときめかない・・・。

そんなふうに感じているのではないでしょうか?

今回の記事では、見た目もスッキリとして、かさばらないビニール収納法をご紹介します。
この収納方法は、ビニール袋だけではなくて他のキッチン小物の収納にも応用できますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

ビニール袋のよくある収納

一番多いビニール袋の収納方法は、大きめのビニール袋の中に、その他のビニール袋をポンポンと入れる方法です。

この方法は、ビニール袋が膨れてキッチンのスペースをどんどん占領してしまいますし、何より見た目がときめきません…。

次に「ビニール袋ストック用の収納グッズ」というモノもあります。

寝袋のような形の布製のモノで、上からビニールを入れて、下からティッシュペーパーのように取り出せる仕組み。

こちらも悪くはないのですが、やはりムダに大きくてかさばりますし、1枚取り出すつもりが、勢いよくもう1つ出てしまうことも…。
何よりわざわざゴミ出し用のビニール袋のために収納グッズを買うというのは、少し納得がいかないものです。

最後に、よくやってしまいがちな「結ぶ方法」

実はこれが一番ダメな方法で、カサは増えるし、使うときに結び目をほどかないといけないので余計な手間がかかりますし、とにかくいい事がないのです。

ビニール袋がかさばらずにときめく収納する方法

ビニール袋は洋服と同じ要領で、小さくたたんで、立てて並べて箱に収納するとスッキリとかさばらずに収納できます。

ポイントは必ず箱のような「かたいモノ」に収納すること。

箱の大きさも、ティッシュの箱の半分くらいのサイズで充分です。
あまり大きすぎるとストック過剰になってしまうからです。

その他のキッチン小物も、箱を使って、とにかくカサを減らす方法を考えながら収納を作っていくと、キッチン収納はうまく収まって行きます。

ビニール袋がかさらばずスッキリする収納法を身につければ、他のキッチン小物の収納にも上手に応用ができるようになります。

そうなれば、どんどん収納に空きスペースが生まれてます。

収納は気軽に楽しく真剣に、いろいろ試して自己ベストを出すことを楽しむくらいの方がうまく行きますので、全体がスッキリと整った、余裕のあるキッチンを目指して収納を楽しみましょう。