その美しさであなたを輝かせてくれる、アクセサリー。

アクセサリーは収納も、見た目の美しさが最優先事項です。

多少時間をかけてでも、見るたびに嬉しくなるような、ときめく収納をつくりましょう。

この記事ではアクセサリー収納のポイントと、ドレッサーやジュエリーボックスを持っていなくてもできる、手作りアクセサリー収納のアイデアをご紹介します。

アクセサリーは、美しい収納を

「美は一日にしてならず」といいますが、アクセサリーを収納するときにこそ思い出してほしいのがこの言葉。

自分の美を提供してあなたを輝かせてくれているアクセサリーが家で休んでいる間、雑に収納に押し込まれていたらどうでしょう。
その輝きも、だんだん褪せていってしまうように感じませんか?

アクセサリー収納は、多少時間をかけてでも、見栄えにこだわって作るのがポイントです。

見た目が美しく、モノの中の女王様であるアクセサリーにふさわしい収納をぜひ作ってあげましょう!

絶対におすすめなのは、美しく見せるディスプレイ収納です。
引き出しを開けた瞬間にパッとアクセサリーが見渡せる、お店のショーケースのような収納が理想!

ドレッサーがない場合は、チェストの引き出しを使うか、デスクの一番上の浅い引き出しも同じように使うことができます。

引き出しの中はお店のショーケースのような収納に

まずは、アクセサリー収納にふさわしい場所をもともと持っているかどうかで収納法は変わってきます。

引き出し収納なら、代表格は、なんといってもドレッサー。

引き出し以外の定番は、ジュエリーボックスやバニティーポーチなどの箱収納。
すでにお気に入りの収納場所を持っていれば、ぜひそちらを使いましょう。

でも、ドレッサーの引き出しを開けると、アクセサリーの箱が閉じた状態でズラリと並んでいる‥というのはもったいないパターンです。

引き出しの中の仕切りは工夫して手作りできる

引き出しの中の仕切りには、小さな空き箱を総動員します。

アクセサリーの外箱(フタも本体も)はもちろん、クッキーやチョコレートの箱の中に入っていたマス目状の仕切りなども使えます。

でも、もちろん、女王様のお住まいですから、どんな空き箱でもいいわけではありません。
ティッシュペーパーの箱のような生活感が出すぎるものや、やわらかい箱はNG。
きれいな化粧紙が貼られている、しっかりした箱が基本です。

とはいえ、きれいな箱はそんなに数がない場合もありますよね。

でも大丈夫、引き出しに箱を入れてしまえば、見えるのはほぼ内側の底部分だけです。
内側のボール紙が少し見えてしまうなら、底にときめく紙を敷けばいいのです。
ポストカード、包装紙、柄が好きな紙袋など、今こそ「ときめくけど使い道がなかったモノたち」の出番です。

箱以外では小皿を使うというアイデアも。
ときめくけれど出番のない小皿や灰皿を仕切りにするのも素敵です。
他には、もしときめかないジュエリーボックスを持っている場合、分解して仕切りとして再利用するのもおすすめ。
フタをとったジュエリーボックスを引き出しにそのままスポリと入れたり、剥がしたリングクッションを別の小さい箱にはめたりすれば、ちょうどいい仕切りに変身します。

アクセサリー収納の仕切りは、遊び心と手作り根性がモノをいうのです。

他のものと組み合わせたディスプレイ収納も

オープン収納、つまり、飾りを兼ねた見せる収納もおすすめです。

コルクボードをアクセサリーのディスプレイボードにするのは大定番。
このとき、片方だけになってしまったピアスをピンのかわりにブスッと刺すと飾りとしても細いネックレスかけとしても使えて、抜群に可愛くなるのでおすすめです。

でも、すべてのアクセサリーをオープン収納にするのは、空間もグッズもそれなりに必要になってくるので少し上級者向け。
引き出し収納や箱収納と組み合わせて、毎日身に着けるモノや季節の定番モノだけ小皿やトレーに置いて、オープン収納にするのがいいでしょう。

こんなふうにアクセサリー収納のアイデアを考えていると、なんだかワクワクしてきませんか。

アクセサリー収納に大切なのは、遊び心。

マイジュエリーショップを開くような感じで楽しむことができる、最高にときめく片づけなのです。